スポンサードリンク
   

セキスイハイムの太陽光発電キャンペーンをうまく引き出すためには


hikari812haim.JPG

セキスイハイムでは通常の契約では、
太陽光発電の搭載で大幅値引きは中々無いようですが、
他のハウスメーカーは太陽光発電の割引キャンペーン
実施しているところもあり、相見積もりをすることで
けっこう割引を引き出すことができます。

もちろん太陽光発電を専門に扱っている業者にも
見積もりを取ってもらうといいです。
優良専門業者は安くて質の高い太陽光パネルを提供してくれます。

尚、セキスイハイムでよくつかわれている太陽光パネルの業者は
シャープ製が多く、次に京セラ製・・・といった具合です。
(スマートパワーステーションはソーラーフロンティアですが…)
この2社は安いことがメリットだったりするので、高い価格を提示されたら
ぼったくられている可能性もあります。

太陽光発電の導入に関しては、何の疑いもなく今がお得だから!
・・・という理由で導入される方が多いですが、
必ずシミュレーションはしてください。
それも1社だけではなく2社以上で行うことがポイントです。
相見積もりもシミュレーションも面倒な作業ですが
家を購入してから「こうじゃなかった!」
・・・と後悔しても、後戻りはできません。

太陽光発電に関しては、こういう地味なことをした方が
きちんと費用を回収しエコで快適な生活を送ることができます。
posted by セキスイハイムで家づくり at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セキスイハイムの太陽光発電(シャープ製 5Kw 200万)は元が取れるか?


hm529roof2sha.jpg

まず太陽光発電に関しては、基本的に
シュミレーションしない限り得なのか?損なのか?
は分かりません


損得を慎重に知りたい場合は
複数の業者(2社以上)にシミュレーションと
見積もりをしてもらう必要があります。
住宅の相見積もりはほとんどの方がしますが
太陽光発電販売店の相見積もりはほとんどの方がしません。

セキスイハイムもそれ以外のハウスメーカーでも
担当営業さんの話を素直に「はい・はい」・・・と聞いて
太陽光発電を検討すると高い見積もりで買わされる
可能性があるので注意が必要です。

大雑把に5kwの太陽光発電だと、月々2万円弱ほどの売電になりますので
年20万〜24万で10年で200万は超えるという計算になります。
5kwで200万円程度なら…2013年までは大体相場です。
2014年現在では、国の補助金がなくなった分安くなっており
地域で優良な太陽光発電代理店なら160万程度で設置してくれます。

よく損得で太陽光発電を検討しようと言うなら、
太陽光発電は取り入れないほうがいい

…と書かれている方もおられますが…
現在の売電価格がプレミアム価格(2014年度まで)なので、
シュミレーションをすれば、得か損かは数字で分かります
(ただし、導入メーカーは気をつけてください。
あわせて、2社以上でシミュレーションしてください。)
シュミレーションでよい結果が得られない場合は
太陽光発電は取り入れないほうがいいと思います。

さらに太陽光発電の本体価格が現在最安値のため
これ以上価格が大幅には下がらない
と思います。
(これは住宅ローンの金利も同じです)

そのためシュミレーションをしたうえで費用対効果を考えれば
元が取れない!損だ!…と意見に惑わされず、
慎重に検討することが出来ます。補足にはなりますが…
私の周りでは、元が取れた方のほうが多いです

ただ、太陽光発電も消費するものですから長年使っていれば
故障していきます。故障に関する保証や費用は
次の機会に書いていきたいと思います。
posted by セキスイハイムで家づくり at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートパワーステーションで10kwの太陽光パネルを搭載する場合の価格は?


ソーラー
ソーラーフロンティアの太陽光パネル:大きい

スマートパワーステーションの太陽光発電パネルメーカーは、
共同開発しているソーラーフロンティアになります。

ソーラーフロンティアで採用している化合物電池の
CIS 薄膜太陽電池はパネル1枚当たり最大出力は170Wです。
他社のパネルと比べ大きく発電します(年間積算発電量が多い)。
また、価格が安いというメリットもあります。

売電買取価格は総出力が10kw前後で
期間と買い取り内容(下の通り)が変わります。
10kw未満:買取期間10年、余剰電力買取
10kw以上:買取期間20年、全量電力買取

当然、買取期間が20年の10kw以上のほうが
太陽光発電導入の際のコストを回収しやすく
恩恵を多く受けます。
ただし、ソーラーフロンティアの太陽光パネルは(他社より)大きいため
10kw以上にするには相当な数(60枚以上)の太陽光パネルを載せる必要があります。

補足ですが…
パネルが大きいため年間積算発電量が高い、
逆に同じ大きさでの変換効率で考えると低くなる。

ただ現在の主流である多結晶系シリコン太陽電池モジュールの
エネルギー変換効率とほぼ同水準にまできているようです。
sumart1030power.jpg
セキスイハイムのモデルページを見てみると
鉄骨系:約42.8坪/出力 10.4kw(パネル61枚?)
木造系:約43.7坪/主力 10.2kw(パネル60枚?)
 

ですから、鉄骨系の場合建物の価格は2800万円から…となりそうです。
(鉄骨系住宅(レベル3)坪単価66万円台〜で概算)

さらに10kw以上にすれば住宅用の
パワーコンディショナーは2台必要
になります。
実は1台で済む産業用のパワーコンディショナーもあるのですが
住宅用のものと比較すると価格が高くなります。
8kw程度でもパワコンは2台必要です。


カタログを希望の方はこちら
posted by セキスイハイムで家づくり at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セキスイハイムの良い特徴と弱い部分は?工期やデザインなどを・・・。


816c1029a1.JPG
伊勢明和展示場のパルフェ(鉄骨系住宅)

セキスイハイムのユニット工法は、専用の工場で約8割の部材(ユニット)を作るため、
ユニット工法(トヨタホームはハイムと同じユニット工法)を除く他社の工法と比べ、
家づくりにおける工期を最短2か月まで短縮できるというメリットがあります。
この差は木造住宅と比較した場合に、大きなメリットになります。
・・・というのも工期短い…というのは家づくりでとても大切な要素になるからです。
木造住宅の工期は長ければ長いほど雨に木造が当たる可能性が高くなります。
水分をたっぷり吸ったことが原因で数年後欠陥住宅に代わってしまう
木造住宅は、私たちが思っている以上に多いものです。

ただしユニット工法はメリットばかりではありません、当然デメリットもあります。
デメリットとして挙げられるものは、ユニット工法の性質上、基礎となるユニットは
トラックを使って建築現場へ運搬する必要があり、その後クレーンを使って組み立てるため、
敷地が狭かったり前面道路細かったりする場合、工事に支障をきたす可能性があります。
最悪の場合は家自体が建てられない・・・というケースにもあたります。

鉄骨系ユニット住宅は増改築が比較的フレキシブルですが、木造系ユニット(2×4、2×6)
は増改築が難しい場合もあります。柱をどかせられない・・・など。
追伸ですが…セキスイハイムにはリフォームやメンテナンスを扱う部署
セキスイファミエスがあります。

またユニット工法という性質上どうしてもデザインの自由度には制限があります。
もちろん、このような課題にも長年研究していて
年々設計の自由度が高くなってきてはいます。

さらに踏み込んだことが知りたい、住宅展示場(モデルハウス)
に行くには抵抗がある・・・という方にはカタログを利用するのも手です。

セキスイハイムの「家づくりヒント」←カタログ希望の方はこちら
現在、セキスイハイムを含むハウスメーカーのパンフレットは、
読み応えがあって、見ているだけでもたのしいですから、
これを1つの機会にいかがですか。

posted by セキスイハイムで家づくり at | セキスイハイム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電(ノーリツ)の口コミの評判


nr928tz.jpg
セキスイハイムで建てられる方は太陽光発電が
ほとんどがシャープで残りは京セラだと思います。

ただし、建築後に太陽光発電を導入する際は
セキスイハイムがメンテナンスにタッチするわけではないので
太陽光パネル(太陽電池)のメーカーはどこでもいいわけです。

そこで今回は情報があまり無いと思われる
ノーリツの太陽光発電を紹介していきたいと思います。

ノーリツといえば湯沸かし器(給湯器)業界では
多くの人が聞いたことがる有名なメーカーで
リンナイ・パロマの次にシェアを持つメーカーです。
湯沸かし器(給湯器)の性質上アフターサービスを手掛け
充実していますが、 実は太陽光発電システムも展開しています。

太陽光発電は初期投資(イニシャルコスト)も大事
ですが本当に大事なのはアフターサービス(メンテナンス)で
多くの人が気にしていない盲点であったりします。
ノーリツのアフターサービス面、
メンテナンス面などの信頼度がどうなのか、
気になるところだと思いますので順を追って紹介します。

ノーリツは太陽光発電システムを三菱電機のパネルを
OEM供給していましたが、 2011年からは自社生産をはじめ、
ノーリツの商品として太陽光発電パネルを販売しています。

なおOEMとは original equipment manufaturing の略で、
委託を受けた相手先のブランドで製品を製造供給するシステムです。
太陽光発電業界で有名なのは東芝でアメリカのサンパワー社の
単結晶シリコンをOEM供給しています。蛇足ですが…東芝は
太陽光発電は2009年くらいまで何もしていませんでしたが、
OEM供給を利用することで一気に売り上げ上位に躍り出ています。
セキスイハイムでよく使われるシャープの単結晶パネルも
サンパワー社のOEM供給です。多結晶は違いますが・・・。

話は戻して・・・ノーリツの話ですが
太陽電池の種類は多結晶シリコンとシャープや京セラ
と同じで安価な部類に入ります。保障については、
10年保障で雨漏りの保障もついています。
実はこの雨漏り保障2011年のノーリツの発売当時は、
他のメーカーが保障していなかったため業界初でした。

現在は、他のメーカーも保障が充実したため
雨漏りも保障しています(他のメーカーは要確認)。
テレビCMの広報も利用しており評判は上々だったようです。

またノーリツは給湯器のラインアップが有名ですが、
太陽熱温水器と太陽光発電システムとの組合わせにより、
家庭内の(ガスも含めた)光熱費を約半分に減らすことができる
と聞いたことがあります。

このシステムの評判が良く、新築の場合は導入しやすい
…のですが、新築の場合はシャープを使用するのでしょうね。

この「太陽光」と「太陽熱」のダブルソーラーシステムに
似ている商品としては主として地方の優良工務店が利用する
OMクワトロソーラーというものもありますが、
セキスイハイムはOMソーラーに加盟していないので
ダブルソーラーに興味がある場合はノーリツのシステム
を利用することになります。

インターネットの一括見積もり(タイナビなど…)をしてみて、
保障期間や施行業者の性質など、 シャープや京セラにこだわることなく
調べるてみるのもいいと思います。





posted by セキスイハイムで家づくり at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク